学校法人 山口高川学園 高川学園高等学校・中学校 ブログ

このブログでは高川学園中学校,高川学園高等学校の学校情報をご紹介します。
「発表をする」ということ
人前で「発表をする」ということは、とても難しいです。
緊張します。そして、自分の言葉で独自の発表を行うというのは、上手く話せるだろうか…発表内容は受け入れてもらえるのだろうか…という不安を伴います。

21日、中学校は総合学習発表会を行いました。

1年間、総合学習で学んだことをまとめました。

司会は2年生の女子が務めました。


審査員の先生方と


クラス代表審査員です。



1・2年生のクラス代表者が発表を行いました。

J1-1 野沙綾「スティーブ・ジョブズ〜自ら生きるチャンスを絶った男の生涯」


J1-1 尾中聖哉・深野寛人「トーマス・エジソン」



審査員の教頭先生にインタビューです。

J1-2 青木まどか・名和田千紘「農業について」


J1-2 内田裕也・今田蒼葉「農業について」



審査員インタビュー「同じ1年生の発表はどうでしたか?」


J2-1 猿渡佳寿浩「平家物語」


J2-1 荒地祐里・八城桜「平家物語」



審査員インタビュー「2年生の発表はどうでしたか?」

そして、観覧席インタビュー




J2-2 安田真也「京都観光スポット」


J2-2 児玉章太郎・宮守柊吾・福永智弥「京都観光スポット」


J2-2 江藤 巧「京都観光スポット」


司会者が観覧席でマイクを向けたため、生徒たちは、ドキドキしながら待っていたようです。




ほとんどの人が発表を絶賛していました。

審査結果発表を発表します。


最優秀賞

J1-1 野沙綾

優秀賞

J2-1 猿渡佳寿浩

特別賞

J2-2 安田真也


どの発表者も独自の調べ学習を通して、パワーポイント等を駆使し、わかりやすい発表をするため工夫していました。

初めて知る内容もあり、「へ〜」とか「なるほど!」といった発見がありました。

ただ発表をする…というだけではなく、自分なりの考えまで深めることができると良いですね。

そして、難しい「伝える」ということに取り組める良い経験となったことと思います。

また来年の発表会が楽しみになりました。
| 高川学園中学校 | 13:50 | - | -
新リーダー誕生!
3年生は来月卒業式を迎えます。

中学校を先頭に立ち引っ張っていくリーダーを決める時期となりました。

今回は立候補者が4名ということで、承認後、新生徒会の誕生となりました。

生徒会長 J2-1 古屋裕崇


副会長 J2-2 鎌田祐一郎


会計 J2-1 荒地祐里


書記 J2-1 猿渡佳寿浩


どのメンバーも力強い演説をしました。
新しい風を吹かせましょう!

そして、今まで頑張ってくれた旧生徒会のメンバーの挨拶です。


行事ごとにある準備に嫌な顔をせず、率先して働いている姿が多々見られました。
「生徒会」は挨拶等、生徒の前に立つことが多いですが、陰で生徒のために働いています。
3年生の姿を見習って、2年生も素晴らしい中学校を作っていけるよう、頑張りましょう!
| 高川学園中学校 | 13:04 | - | -
2月全校集会
中学校は、2月の全校集会を行いました。

始めは、校内読書感想文コンクールの表彰です。

夏休みの課題に「読書感想文」があります。

国語科の教員総動員で選定を行い決定しました。

1年生の部

最優秀賞 J1-1 野沙綾


優秀賞 J1-2 尾上志温


優良賞 J1-2 名和田千紘



2年生の部

最優秀賞 J2-2 鎌田祐一郎


優秀賞 J2-1 堀 七海


優良賞 J2-2 濱口翔大



3年生の部

最優秀賞 J3-1 河村有紗


優秀賞 J3-1 藤井ひかる


優良賞 J3-3 鶴丸和幸



第64回“社会を明るくする運動”作文コンテスト
山口県保護観察所長賞 J1-1 木原翔太


校長講話


校歌斉唱


教員講話
J3-3担任 渡邉光一郎先生のお話を聞きました。


「座右の銘」についてのお話でした。

 辛いとき、苦しいときに「座右の銘」を持っていると、自分の道を誤ることなく進んでいくことができますね。


 今年度の終わりも近づいています。
 3年生は卒業式もあります。
 それぞれの「道」を歩めるように、1日1日を大切にしましょう。
 
| 高川学園中学校 | 12:54 | - | -
作文コンテスト入賞!
第64回「社会を明るくする運動」作文コンテストにおいて
J1-1 木原翔太君が、山口県保護観察所長賞を受賞しました。

先日、表彰式がありました。

木原君は中学校文化祭においても、作文を発表しました。

社会に起こる犯罪について、加害者、被害者の考えを踏まえながら、どのように「謝罪」を受け入れるべきかについてよく考えています。

中学校の各教室に作文集があります。読んでみてください。

表彰式の様子です。





| 高川学園中学校 | 11:53 | - | -
新着記事
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
RSS

〒747-1292 山口県防府市大字台道3635番地 TEL:0835-33-0101 FAX:0835-32-3511

Copyright 2009(c) Takagawa Gakuen. All rights reserved.